Love/Hate [2010-2014 RTÉ] 【前編】ネタバレ感想

さて今回は放映当時アイルランドの4人に1人が見たという伝説のドラマです。人口約400万人のうち最大100万人が見たってことらしい。そう言いつつ、私の知り合いは軒並み見てないんだけど…。それでもタイトルと大雑把な内容は知ってたから、それくらいには人気だったみたい。てか狭い国なので、うちの近所で撮影してたとか、知り合いが映ってるらしいとかいろいろ言ってた。

シリーズ1が4話で、シリーズ2から5までは6話、シリーズ5まで全28話の物語です。どんな内容かというと、アイルランドの首都ダブリンを舞台に、麻薬の密売とか人殺ししてるギャングたちの日常と闘争を描いたドラマです。人間関係ドロドロでバンバン撃ってガンガン死にまくってます。系統としては日本の一昔前の『ジェットコースタードラマ』って言われてたようなやつを思い出しました。そんなのが公共放送で流れて大人気だったのか!って驚きですが、クライム好きとしては日本もみならってほしいと。おい。

先の知り合いの一人はそういうのよりホームコメディ派だったらしくて見たことないんだと。あと大人より若い子に人気だったそうで。というか元々若い世代はアメドラとかイギリスドラマとか海外ドラマばかり見て自国のドラマを見てくれないっていうんで、RTÉが若い子向けに作ったのがこれだったとか。狙ってその通りに若い子に受けたってのもなかなかすごいね。

まあ私はもう若くないんですが(自虐)、でも好きそうだからとアイルランドの人がお勧めしてくれたわけですが、知ってる役者さんがまたたくさん出てました。前に『Peaky Blinders(ピーキー・ブラインダーズ)』で、「アイルランドのドラマはいつも同じような人たちで回してる気がする」みたいなこと言ったことあったけど、そちらのドラマに出てる人もたくさん出てた。同じRTÉの『Rebellion(リベリオン)』&『Resistance(Rebellion リベリオン: Series 2)』に出てた人たちの1/3はこっちにも出てる。

Resistance(Rebellion: Series 2 リベリオン: シーズン2) [2019 RTÉ]【前編】ネタバレなし・ドラマの概要と感想

さてそんな経緯で見たわけですが、現代ドラマなのでアイルランドの歴史知らなくても大体理解できるし、メインもガンガン消えて新しく補充されてく系でハラハラドキドキだし、シリーズ6が出ると言われてたのにいろいろあってシリーズ5で終わっちゃったそうだけど、私にとってはスッキリ終わってるしで面白かったので、ぜひ皆さんにも見てほしい!――と言いたいけども、日本語版はないっぽい。

アメリカのAmazonプライムに途中まであったり、Netflixが買ったってニュースがあって欧米では配信されてたようですが、日本には来なかったようで。なので英語DVDで見るしかなさそうだけど、プレミアムついてるし。

Love/Hate
Collector’s Edition [DVD] Series 1-5


私が買ったのはこのSeries1~5までコンプされてるDVD。

私も英語DVDで見たけど、これギャングの話だからスラング多いし、かなりアクセント強いって紹介してくれたアイルランドの人も心配してましたが(舞台になってるダブリンは、首都なのに一番アクセントきついそうな?)、英語字幕があったのでついて行けました。

ただほんとにスラング+早口+アクセント激しくて慣れるまでは聞き取りづらい。言い回しも独特だし。100年前の歴史ドラマ『Resistance』の方が聞き取りやすいってなんでだと。←多分そっちは日本でいう標準語で作ってると思われる。

でもずっと見てたら私の知り合いの口癖と思ってたのは、アイルランドスラングとかアクセントだったと気づいたり。

更にジャンルがジャンルだけに下品な単語や罵倒語は山ほどですが(意味わからなくて調べた単語とかのほとんどがこれであった…)、特徴的で面白かい言い回しもたくさんあって、まとめてたら長くなったので、その辺は【後編】に独立させました。※ドラマ自体の話はこの【前編】だけです。

Love/Hate [2010-2014 RTÉ] 【後編】ドラマで見るアイルランド(ダブリン)英語&スラング講座?!


 

日本ネタ…は、ほぼない

日本人に「アイルランドってどんな国?」って聞いても、妖精の国とか北アイルランド紛争とか、ウイスキーやビールとか曖昧なイメージしかない人が多いと思いますが、向こうから見ても真っ先に挙がるのが、寿司・サムライ・ポケモンとかのようで、あまり接点がないのでドラマにもほとんど日本ネタはありません。

トヨタとかスズキとか日本車はフツーに乗られててたまに台詞にも出てきますが、唯一ジャパンって単語が出てきたのは、(おとり捜査の刑事が悪ぶるのに)目が合った通りすがりのアジア人を「日本に帰りやがれ、クソ中国人め」って罵ってるだけのひどいシーンであった。本編に全く絡まないシーンです。

何で日本て分かったのかと思いきや、次にはチャイニーズ呼ばわりだし。個人的にはこの髪型は中国の人っぽい気がしますが。←そういう問題じゃない。話に全然登場しないアジア系をこういうシーンでわざわざ使う時点で、他の人種だと抗議されるからだろうなとか透けて見える部分はあったりしますが。

RTÉ『Love/Hate S04E02』
Love/Hate S04E02

今も新型コロナウイルスのせいで、欧米各地で「中国人」って罵倒されたり攻撃されてるアジア人のニュースが増えてますが、残念ながら海外だと日中韓辺りはみんな中国扱いってのもよくある。特に欧州の方はインドやパキスタンや南アジアの人が歴史的・地理的にたくさんいるので「アジア人」というとそちらを示してて、それ以外の東アジアは「中国人」でひとくくりと。

ただ実際はアイルランドの人も歴史的に昔はイギリスだったとか北アイルランドが今もイギリスだったりで、EU圏内の人にすらよくイギリス人って間違えられるそうで、日本人が中国人とか呼ばれて嫌がる心情もよく理解してる人が多いです。そしてリアルでこういうことを言われたら、言ってくるヤツがヤバイ相手なので、このドラマみたいに無視していいです。関わると危ない。

 
まあそんな悲しいネタだけだとあれなので、面白ネタも探してみる。これはドラマの当時頃に話題になってた、カタカナをベースに作ってるから、日本人にはカタカナに見える英語フォント『Electroharmonix』ってやつ。「ナロドソロ アエラモ???」ってなったけど、まじまじ見ると「TOKYO RISE」かな。

RTÉ『Love/Hate S02E02』
この役者さんも『Peaky Blinders Series5』で情報売って主人公に始末されてたバーテン役やってた。
Love/Hate S02E02

 
というわけでざっくりとあらすじ行くけど、人の入れ替わり激しいので人物紹介は省略。例のごとく人物名は英語。このドラマのキャラは大体愛称で呼ばれてるけどそっちで書いてるよ。

 

超ざっくりなドラマのあらすじ(けどやっぱり長くなった)

Series1(誰がRobbieを殺したか。※このカッコの中は私が勝手につけてるだけ)

スペインへ行っていたDarrenがアイルランドへ戻り、兄弟Robbieも出所するところから始まる。Youtubeで銃の使い方勉強してるNidgeは子持ちの恋人Trishの買い物に付き合いつつ迎えに行ってて、Tommyの方はDarrenたちの姉Maryと寝てて督促電話を受けて迎えに行くの忘れてたって慌ててる。けど何者かにRobbieは撃たれて死んでる。行くのが遅れたせいってTommyは責められてる。

捕まったDarrenをお抱え弁護士使って釈放させるのがギャングの元締めで監視カメラ付きの豪邸に住んでるJohn Boy。その異母弟がHughieで、彼らの仲間の一人のStumpyはDarrenの元彼女Rosieの今彼で彼女はStumpyの子を妊娠してる。

 
警察の監視を振り切ってJohn Boyの指示で港で麻薬の密輸してるメンバー。終わるとみんなパーティーして騒いでるけど、DarrenはRobbie殺しの疑惑のある男を追いかけてる。そしてNidgeたちと捕まえるけど、そいつはやってないって言って、Darrenもたぶんこいつじゃないって釈放する。けどJohn Boyはそいつを弟Hughieに殺させてる。

Hughieは仲間と実行するけど、クスリでだんだんおかしくなってて、キャンピングカー生活してる仲間を殺してしまう。そして兄John Boyに助けを求めて後始末してもらうけど、その時、Robbieをやったのは自分って打ち明けてたり。たった300ユーロ(4万円くらい?)の貸しのためにやったらしくて大金稼いでる兄は呆気にとられてるけど証拠隠滅手伝ってる。けどDarrenもHughieが怪しいって気づきだす。

 
RosieとDarrenはこっそりデートしてる。嫉妬した今彼Stumpyは、二人の過去の付き合いを知って彼女にキレて暴力ふるって逃亡。John Boyがかくまってアパート貸すけど警察が探してたり、Rosieは流産してたり。DarrenはStumpy見つけてボコってたり。

いよいよおかしくなって被害妄想も入ってきてるHughieは気づいたDarrenを今度は襲おうと、Tommyと一緒のところで仲間Elmoと突撃してるが、Darrenの反撃でElmoは撃たれ、犯人がHughieだってバレる。

 
その頃NidgeとTrishが結婚することになるけど、花嫁の付き添いがDarrenとRobbieの姉MaryだからJohn Boyは空気読んで欠席って言うけど、Hughieは復讐だって言って、兄も話を合わせて断ったはずの式へ弟と普段着で乗り込んでる。式の場でTommyは最初はMaryと寝てたのにNidgeの姪のSiobhánに誘われて断れなくてヤってたり。

それとかNidgeが女と遊んでたのとかを花嫁TrishとMaryの前John BoyとHughieはバラして嫌がらせしてる。TrishはキレてるけどもJohn Boyに頭が上がらなくてヘラヘラしてるNidge。

HughieはElmoたちを連れてDarrenへ報復するって言ってるけど、すぐキレるし完全に壊れてる。銃を取り出してこれで撃つとか言って自分の頭に当てたとこでうっかり撃ってて自滅してるし。Elmoも救急車呼ばずに放置してHughie死んじゃうし。

 
ロンドンへ行くことにした傷心Rosieとの別れの後に、Hughieの葬式の場でDarrenはJohn Boyと互いに弟亡くしたことで表向き仲直りしようとしてる。Darrenもダブリンを離れるって言って円満に別れて歩き出した。――ところでStumpyが車の窓から彼を撃って逃げていく。血まみれで倒れながら弟Robbieの死を思い出してるDarrenで終わり。

※文字で書くとグダグダの人間関係ドロドロドラマですが、ギャングの日常と愛憎なので深い理由とか崇高な目的なんてないのです。

 

Series2(おかしくなってくJohn Boy)

死んでなかったようで助かったけど悪夢を見てるDarren。彼はFranに捕まって彼の闘犬に襲われてたLukeを助けたり、結局はJohn Boyの元でギャングとして働いてる。

Lukeはホームレスで勝手に人の家に入り込んで食べたり盗んだりしてる。復讐なのかFranの家に忍び込んで冷蔵庫あさったりお気に入りのシャツ盗んで着たりして、後のパーティーでFran本人に見つかって殴られかけてる。その場でJohn BoyとFranは手を組む約束してて、NidgeはFranの嫁Lindaが同級だって再会喜んでる。

John Boyは弟Hughieが死んで自分が病み始めてて、家に弟と有名人の壁画?スタンドグラス?みたいなの飾ってる。防犯カメラの画像監視しつつ画像が歪むって幽霊を見てる。弟庇ってて女っ気がなかった前Seriesと違って、愛人Debbieと暮らしてて、離婚してて娘Kayleighもいる話が出てきてる。

 
ホテルで密輸したドラッグを小分けする作業の時、NidgeはLindaとの不倫で抜け出してる。Stumpyも飲みに行くため抜け出したけれど、その後に試してバッドトリップしたTommyたちがホテルの廊下で倒れて警察に捕まってる。

John Boyは顧問弁護士に依頼して彼らを釈放させたり、スパイとして使ってる警官に誰がチクったか調べさせる。警官は「ホテルが防犯カメラ見て通報しただけで内通者はいない」って言ってるけど、John BoyはStumpyを疑ってる。John Boyへの借りを返そうとLukeとATM襲ったりして(労力のわりにたいした金が入ってない)金集めてるDarrenを呼んで始末するよう依頼してる。DarrenはLukeとやるって言ってる。

弟Robbieの一周忌にLukeを連れて来てるDarren。ホームレスだからいつもヌードルしか食べてないってLukeに、姉のMaryは使ってないポットあげるって約束してる。そんな会話してる時に、John Boyに呼ばれてDarrenとLukeはStumpyの暗殺実行してる。

 
嫁Trishが妊娠してるせいかNidgeは再会したLindaと不倫する仲になってる。TommyもMaryとは別れててNidgeの姪のSiobhánと結婚して息子が産まれてる。一方でJohn Boyの愛人Debbieを拒絶できてない。彼女はヘロイン中毒になってて、彼らの仲間の売人のAidoにもらってる。だんだん悪化しててJohn Boyの目を盗んでクスリを求めてAidoの家まで押し掛けるほどになってる。

John BoyはFranを裏切って警察に密告して、Franは復讐でJohn Boyを撃ってて腕を怪我させてる。怒ったJohn Boyは報復のためNidgeにFranの嫁が在宅中に彼女をパイプ爆弾で襲撃しろって命じてる。隠してるけどFranの嫁LindaはNidgeの不倫相手だから、彼は動揺して「彼女がいる時じゃなきゃダメか」って聞いたりしてる。

けど結局はボスのJohn Boyに逆らえず、襲撃を実行して、Lindaは顔縫うほどの傷と、誕生日プレゼントに夫から贈られた豊胸のシリコン抜かないとならない羽目になってる。一方でNidgeはFranにはJohn Boyとの争いの仲裁してたり。けどしばらく身を隠してたFranが帰ると絶望した嫁Lindaは風呂場で自殺してた。

 
クリスマスに戻ってきた元彼女Rosieとよりを戻してるDarren。Stumpyが死んだことは伝えてるけど、自分がやったのは否定してる。

ホームレスのLukeはケアセンターのカウンセリングか何かでクリスマスの予定聞かれて好きな子と過ごすとか、その子は仲間の姉だとか言ってて、その後のシーンでは、忍び込んだ家でMaryにもらったポットでカップラーメン作ってる。Maryは夜中に家の窓際に不審な人影を見つけてDarrenを呼んでたり。警察はあてにならないってキレてる彼女にDarrenと一緒に来たLukeも心配そうな顔してる。

ホテルで捕まってクスリと金を失ったことの代償として、TommyはJohn Boyの指示で嫁Siobhánにスーツの真面目そうな格好させてスーツケースで密輸させる。一方でDebbieのヤク中を心配してたり。John BoyにFranを殺すように言われて、Lindaの葬式の後に襲撃するけど監視カメラでバレて失敗してる。Nidgeの嫁Trishは次男出産してる。

Franとの対立が激しくなって、娘Kayleighに贈った車を犯罪に関与した車って警察に持っていかれてキレてるJohn Boy。顧問弁護士が使えなくて解雇して、彼の家に爆弾仕掛けさせて娘怪我させたり、新しい弁護士雇ってたり。だんだん壊れてヤバくなってる。ついにDebbieがヤク中なのに気づいて追い出して、彼女はTommyに慰められてる。

John Boyは彼女にクスリ売ったAidoがパイプ爆弾で襲撃したってことにするとかNidgeに言って、Aidoを始末したら最後の仕事にするってDarrenには告げてる。

Franは自殺した嫁そっくりの金髪の同名のLindaって新しい女連れてて、表向き仲裁してるNidgeは驚いてる。その頃密輸してるSiobhánは耐え切れなくなって搭乗拒否してて、スーツケースだけ行っちゃったら中開けられてバレるってTommyが必死に説得してる。

 
LukeとDarrenはJohn Boyの命令の準備してて、パブでみんなが飲んでるとこへ銃持って襲撃してく。けれど撃ったのはAidoじゃなくてJohn Boy本人の方。おかしくなってるのに付き合い切れなくなってか、Nidgeが根回ししてて、裏切ってFran側についたらしい。

そしてJohn Boyの葬式で娘Kayleighがスピーチしてる。生前の遺言でJohn Boyの遺産は娘に行くらしくてNidgeは弁護士にキレてる。John Boy亡き後さっそく仕切り出してる。DarrenはRosieとやり直す気でいたのに、彼女は彼の家から去ってて、親にDarrenがStumpyを殺しただろうって言ってる。ずっと嘘ついてたのに態度でバレてたらしい。

その頃、Maryは夜中にうろつく人影がLukeだったって言って、Darrenは本人を問いただす。Lukeは二度としないって約束するけど、その晩とうとう家の中まで入り込んでMaryのベッドサイドから見下ろしてたり、行為がエスカレートしてた。

身の危険を感じたMaryはDarrenに始末させる。彼はNidgeとJohn Boyの隠し財産が山の中にあるって嘘ついてLukeを連れ出して殺して埋めてる。その後Luke行方不明の張り紙見て無視してるMary。自分はカタギだから巻き込まれたくないとか言ってたのに、ひどすぎる。

ちょっと病んでる系の孤独なキャラが(異性に)親切にされてロックオン→ストーカー化→一線超えてしまうってのはよくあるパターンかと思いますが(アメドラの『Crossing Jordan(女検死医ジョーダン)』で私の好きな俳優がやってた役もそんなだったし、性別逆で日本でも見たことあるし。日本のはハッピーエンドだった)。けど可哀想設定に弱い私は全力で釣られますとも。Luke可哀想って思いながら見てたよ。

Lukeの死体を埋める穴掘ってるとこでNidgeはこっそりDarrenのことも狙いかけてた。John Boyを裏切って殺すように指示したのが彼なので(けど犯人は捕まってない)、共犯のLukeと共にDarrenも始末したら口封じできるから。

※NidgeはLindaとさんざん不倫しておきながら、保身のためにあっさり彼女を襲って結果的に自殺に追い込んでたし。そこまでしたくせに土壇場でJohn Boyを裏切ったし。だからこそギャングなんでしょうが。八方美人というかその場しのぎで二枚舌使ってるってキャラぶりがこの先、加速してきます。

Series3(IRA男はどこへ行った?)

クスリの売人のAidoが別人と間違えられて襲われて足撃たれてる。犯人はIRAだって。やばい相手と争いたくないNidgeは彼らを率いるGitに丸め込まれて、Darrenにも手を出すなって言ってるけど、病室へ見舞に行ったDarrenはAidoに同情して、こっそりパイプ爆弾作ってIRAのパブ襲撃してる。そしてGitに事件を知らされてキレてるNidgeには知らないってしらばっくれてる。

聖パトリックデーの晩、Nidgeは仲裁のために爆破犯は知らないってヘラヘラしながら弁解し、Gitと息子のDanoと一緒に飲んで彼らの武器の密輸も手伝う条件受け入れてる。酔い潰れたDanoを自宅へ送ってGitを接待してたところで、彼がSiobhánを襲ってTommyがブチ切れて瀕死にさせてしまう。相手が相手だけにヤバいってNidgeがおろおろしてたらDarrenがトドメ刺してる。

死体を隠すためFranを呼んで彼が犬を飼ってる田舎の荒地へ埋めて、口裏合わせて証拠隠滅したり、TommyにSiobhánを口止めさせたりしてる。父が帰宅してないことを知った息子Danoは当然Nidgeを疑って呼び出して殴るけど、彼は犯人はパブで飲んでるとこで絡んできたElmoたちじゃないかって、仲間をしらっと売ってる。

DarrenをElmoのとこへ行かせてIRAに疑われてるから逃げろって誘導しつつ、その晩一緒にいたElmoのいとこを口封じかねて襲撃させて収束しようとしてる。Danoたちの仲間LizzieとDarrenが恋人のふりをして暗殺することになって、Elmoのいとこと顔見られた妻も始末してる。LizzieとDarrenはその後も少しずつ仲良くなってる。

逃げたElmoの方は、彼の親戚が警察に通報したり相手がテロリストでも戦うって強気に出てきてる。殺しの件でDarrenは警察を見て逃げて、Danoたちは捕まってたり。その後に釈放されてるが。

 
その頃、Siobhánは妊娠心配してたり性病検査したいとか言ったり、誰にも言わないはずが親友の言葉でパニックになって内緒って言いつつされたこと打ち明けちゃう。誕生日に親友はFranとヤってその話しちゃったから、女同士の噂話は止められないと、Franはバレるのは時間の問題ってNidgeに忠告してる。それでNidgeは言ったら酸かけるってSiobhánの親友を脅したり、Franと遺体を掘り起こして燃やして埋め直す。

SiobhánをなだめつつTommyはクスリのために売春婦になってたDebbieと密会してる、と思ったら、酔いつぶれたDanoを送り届けて彼の嫁とやってる。Nidgeの方が彼女に惚れてる感じだったけど、当の彼女はTommyの方に積極的に迫ってるし。

その合間にもTommyはDebbieにも、一緒に逃げたいけど妻子がいるから無理だとか切ない会話してる。Danoの嫁の方は着飾ってたり金庫開けてて夫に見つかったりで浮気がバレて、Tommyを電話で呼び出してたり。と昼メロみたいになってる。

Siobhánはカウンセリングで夫Tommyとできないって言ってて、多分それが夫の浮気の理由らしい。カウンセラーにもいろいろ喋っちゃうし。Nidgeに脅されてた親友も、別の女友達に更に相談してて、警察行くって言い出してる。Siobhánの話聞いただけだから何も知らないって言いながら、べらべらべらべらおまわりさんに話してるし。

 
そうしてる間にDanoは仲間ともう一度父を探す手掛かりを探してて、北アイルランドから大ボスっぽいTonyを呼んでる。そして警察(公安的な)が写真撮りまくって監視してる中、1916年イースター蜂起記念セレモニーにメンバー一同参加してる。ここで彼らは『CIRA(Continuity IRA, 継続IRA)』らしいと名乗ってるから分かったり。

入場しながら演奏してる曲は『Peaky Blinders(ピーキー・ブラインダーズ)Series1』の3話でIRA役の人が歌ってたのと同じIrish rebel song(反逆歌)の『The Boys of the Old Brigade』です。歌詞の説明そっちにも書いたけど、アイルランドの1916年イースター蜂起・1919-1921年の独立戦争時代を懐かしむ歌です。が、その時代のOld IRAと現代のテロ組織のIRAは違うって、歴史は『Peaky Blinders(ピーキー・ブラインダーズ)Series5』の四角の枠のとこ書いたよって脱線しまくりである。

RTÉ『Love/Hate S02E02・S03E04』
イースター蜂起にも参加しアイルランド独立戦争でIRAのリーダーだったマイケル・コリンズ(Michael Collins)は今もアイルランドの英雄ですが、1970年以降にIRAと名乗る団体はテロ組織で警察の監視対象です。
Hero and Terrorist

 
追い詰められたNidgeは嫁をコントロールできないTommyにキレてゴルフクラブでぶん殴って半殺しにしてる。頭蓋骨陥没してたりいろいろ重症らしい。病院で泣いてるSiobhánをDarrenが介抱してたり。NidgeはTonyに尋問されてるところへ酔っぱらってやってきたDarrenにもキレてたり。身内としてSiobhánを丸め込んでたり。ボロボロのTommyを見たDebbieはまたクスリ始めちゃってる。

 
親友の告発で警察がSiobhánの事件を捜査するって段階で、彼女の親戚でCIRAと仲良くしてたNidgeたちの話が出る。彼女が襲われた聖パトリックデーは生きてたGitが最後に見つかった日だって。事件がつながってきてる。そしてNidgeたちもみんな捕まって、警察の捜査始まってるし。一応事情聴収されたSiobhánは犯人の名前は言わなかったけど。

一方でパブに集まるパトカーを見て、何事かとうかがってるDanoと仲間たち。Siobhánが襲われた日にGit消えたこととか聞きつけて、こっちも何が起きたか分かっちゃってる。

弁護士のおかげで釈放された後に売春宿へ行ってるNidgeとFran。FranはDebbieのことを好きらしい。けどTommyとの関係は知らない。Tommyの妻Siobhánも、ずっと慰めてくれたDarrenと寝てるし。と思ったらDarrenは真相知ったDanoたちに狙われてるって知りつつ、Lizzieにも会いに行ってたり。

逃げ回ってたNidgeは一家でスペインへ逃げるために自宅へパスポート取りに戻ってる。その頃、前に密輸した武器を構えて、父の復讐の準備してるDanoたち。彼らにNidgeは捕まってトランクに詰められてて、それを見かけたDarrenが追いかけて銃撃戦になって彼を助け出してる。その時撃ったCIRA側の一人はLizzieの兄だった。

助けられたのにNidgeはFranと二人きりで相談してて、DarrenとTommyたちはセットだとか言って裏切る気満々。大金持って大ボスTonyと直接交渉することにしてる。目隠ししてベルファストまで連れられて行った先で、最初のパブ襲撃の爆弾と、銃撃で彼らの仲間(Lizzieの兄)を撃ったのはDarrenって教えてるし。爆弾の件は自白してなかったけどバレてたらしい。

Gitを殺したやつもDarrenだって言ってるし。ここは嘘じゃないけど、その後の殺しの詳細は知らないってのは思い切り嘘だったり、Darrenに全部押し付けてる。

そして逃げてたElmo捕まえてDarrenやれって言ってる。責任押し付けたDarrenを口封じしたら自分が助かると思ってる。追われてるDarrenはNidgeに裏切られたのを知って、嫁Trishと一緒のNidgeへ電話かけて恨み言言ってるところで、髪の毛剃って恋愛よりも兄の復讐を選んだLizzieに頭撃たれて倒れてる。

前回に引き続き、保身ばかりのサイコパスNidgeは、今回は邪魔になったDarrenを売って終わりと。

『××× Bomb』ってカクテル

パブでDanoの仲間たちが普通のグラスに飲み物入れたやつと、別の小さなグラスに濃い色の飲み物入れたのを2つ用意して、小さい方を元のグラスにドボンして飲んでましたが、これは『イエガーボム(Jägerbomb)』って飲み方で、アイルランドとイギリスで若い子がよくやるそうです。

RTÉ『Love/Hate S03E05』
Love/Hate S03E05

日本でもアイリッシュパブに限らず出してる・余興にしてるお店はあるようですが、一応アイルランド人が起源主張してましたよ、とここで言ってみたり。ほんとかどうか知りませんが。ドイツの薬草種イエーガーマイスター(Jägermeister)とレッドブル混ぜてる時点でアイルランド関係なくない?と思ったり。
 

RTÉ『Love/Hate S02E06』
Love/Hate S02E06

ちなみにアメリカで考案されたアイリッシュビール&アイリッシュウイスキーを使った『アイリッシュ・カー・ボム(Irish Car Bomb)』ってのもあります。わざわざCarつけてる時点で意図的だけど、これはアイルランドで頼むのはアウトです。意味は「Irish bombings」で画像検索するとわかります。このドラマではSeries2で空気読めないLukeが飲んで(店追い出されて)たが。

 
他にもこのドラマには出てこないしマイナーだけど、ビールに日本酒を落として飲む『サケ・ボム(Sake Bomb)』ってのもあるよ。グラスにお箸渡して日本酒入れたおちょこ乗せて、「乾杯」とか日本語言いながらドボンする。

 

Series4(警察の捜査が厳しくなるよ)

初登場の少年Wayneがいきなり笑いながらショットガンで猫を撃ってるシーンから始まりますが、この猫殺しシーンに抗議が殺到したそうで、RTÉは「猫は死んでません、元気です」ってコメント出す羽目になったそうな。人はガンガン死んでくのに猫にだけ抗議ってシュールですが、まあ猫は演技できないからほんとにやられちゃったと心配したんでしょう。

そして撃った役者さんも「猫殺したやつ」として有名になったらしい…。この人(Barry Keoghan)は、『Chernobyl(チェルノブイリ)』の4話で立入禁止地域に残った犬とかペットの殺処分する役をやってましたが、その辺の配役もこれがあったからなのかもね。そっちでは最初は罪悪感持ってて殺せない感じだったのでこっちのキャラとは正反対だけど。

 
さて、前々回と前回最後に撃たれたDarrenが今度はちゃんと死んでます。死体シーンとお墓見てるNidgeのシーンが。Tommyは退院したもののまだ完治せず耳から血を流しててSiobhánがそれ見てる。

Nidgeたちは仕事しようとしてるけど警官が監視しててできない。Franたちを使って無関係の家族を誘拐して、妻子を人質にして代わりに男に仕事させようとするけど(これをアイルランドではTiger kidnapping,直訳で虎誘拐?っていう。よく出てくる)、Tommyはけがの後遺症か子供に優しくしたりで脱走されるし、男が警察呼んで失敗したり。その夜にTommyは子供を心配して家行って逮捕されてるし。

Tiger kidnappingは『PIRA(Provisional IRA, 暫定IRA)』が始めた手法だそうで、日本の外務省のサイトでも注意情報がある。

外務省 – テロ・誘拐情勢 アイルランド
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcterror_151.html

誘拐の手口としては、現金輸送を担当する警備会社の警備員や銀行員の家族等を誘拐して本人を脅迫し、現金を要求する事案(Tiger Kidnapping)が発生しています。

一方でNidgeは行きつけの売春宿で酔って女殴っちゃった歯医者を脅して身分証奪って彼の歯医者へ押しかける。

Nidgeは最初に仕事の邪魔してくれてた警官の家をわざとらしく監視し返して脅してる。一方でWayneは、Nidgeたちに父を殺されたDanoとLizzieの仲間らしく、彼女とNidgeの家族の後をつけてる。更に母親が入院したNidge本人の後つけて撃とうとしてたり狙ってる。

 
その頃別の刑事MoynihanがTommyとSiobhánにそれそれ取り入ってる。Siobhánには夫を助けたいって同情するふりしてたり。Tommyの裁判の後には自分の連絡先渡してたり。更にNidgeが監視してた警官のことも、自分たちの大掛かりなギャング掃討作戦メンバーに加えてる。一方でJohn Boyの死後にNidgeが引き続きスパイさせてた方の制服警察を捕まえたり。ギャング仲間を仲互いさせようとしてたりと、仕事してる。

Franは対立ギャングとケンカして殴られて前歯なくなってる。歯医者を脅して歯科機器に紛れ込ませて密輸の手助けさせようとするけど、歯医者に勤める看護師が警察にNidgeとFranが来てるって情報提供してる。※前歯折られた後のシーンはほんとに欠けてるのでCGかと思いきや、元々事故で前歯欠けてた役者さんが(そのおかげで)Fran役をゲットしたってことらしい。

釈放されたTommyはますます頭がおかしくなってる。雨の中で女の子たちにパンツおろして露出狂になってたり…。Nidgeは彼の妻Siobhánが姪だからって庇うものの、FranはTommyがスパイじゃないか疑ってて、産まれた子犬を嫁にやる話して言いくるめて車に乗せて田舎へ連れ出してる。

マンションからそれ見てたSiobhánは電話に出ない夫の身を心配して、息子たちの洗礼式のパーティしてるNidgeに突撃してる。そこでNidgeがFranへ電話して説得して、Tommyは何とか無事に戻されるものの、相変わらずぼーっとしてて壊れてる。

 
Nidgeの母が死んで、Wayneは葬式の場で襲おうって言うけどLizzieが止めてる。けど引き続き監視して、Danoと打ち合わせてる。二人はTrishが出かけた後に風邪ひいて寝込んでるとこへ銃持って押しかけてNidgeは慌てて隠れてたり。

そこで自分が狙われてるのを知ると同時に、敵が自宅まで来たことにキレて、仲間と逆にWayneをさらう。誰の手先か暴行して自白させようとするけどWayneはヘラヘラ笑って拒否してる。通報受けた警察に助けられるけど、Wayneは「遊んでただけ」って逆にNidgeを庇って貸しができてるし。そして仕事が欲しいって仲良くなってる。Lizzieは事故で逮捕されてる。

 
警察はずっと張り込みしててNidgeの車に盗聴器と発信機仕掛けてる。密輸の打ち合わせから歯医者とのつながりも聞こえてる。そして歯医者を張ってたり。取引倉庫にもカメラ仕掛けてたり。全部ばれてる。

NidgeはそしてまたCIRAの大ボスTonyに会ってる。TonyはNidgeの周りを嗅ぎ回ってるやつを組織は知らないって。そしてDanoは(前回大金もらって和解したTonyの言うこと聞かずLizzieとWayne使って父親の復讐してたから)誰も来ない山の中で仲間に両足撃たれて始末されてる。自力で戻れないからそのまま餓死、みたいな。ひー。

SiobhánがとうとうMoynihan刑事に連絡してる。更に刑事たちは歯医者が追い込まれてるの監視してこっそり助けに入ってもいる。歯医者は逮捕されない条件で情報流すの協力してる。

 
NidgeはFranの仲間で子犬をもらいに来てた親子が、シリーズ2でJohn Boyの命令でFranの妻Lindaを襲撃した際に使ったパイプ爆弾を作って売った男Patrickと気づく。彼に自分が実行犯だってFranにバラされるとやばいんで焦って口止めに行く。

けどPatrickは仕事で作っただけで、お前がどう使おうと興味ないって言ってる。Franに聞かれたか尋ねても、あいつは何も知らないしそんなこと言わないって、口止めする必要もないと言い張る。でも分かったってNidgeが帰りかけたところで、やり取りをPatrickの息子にも聞かれてたと知る。

それでNidgeは別の日、雇ったWayneと二人で口封じの襲撃に行ってPatrickに逃げられる。明らかに狙われて彼が仲間と用心してる一方、Nidgeは仲間を使ってWayneに再び仕事依頼したふりして、彼の友達に殺させてる。友達は金受け取ってた。こっちも口封じなのかな。恩を仇で返してるけど。

Moynihan刑事はSiobhánに内偵させようとしてる。歯医者にも情報提供させてとうとう大規模摘発の日が来る。けど歯医者は情報漏らしてるのがFranたちにバレて殺されてスーツケースに詰められて川にドボンされてる。

FranはそれをNidgeに伝えてない。警察が追ってる中で密輸が始まってる。頭おかしいTommyを使うと、彼は誰に殴られたか思い出してまた流血してるし。Nidgeたちも揃って摘発されてるし。次へ続く感じの終わり。

 

Series5(嘘がバレていよいよ大変)

前回ドボンされてた歯医者のニュースを見てるNidge。ずっと警察に監視されてたことを知らず、捕まって出てきたFranが裏切ったと疑ってて、Franの方は歯医者が警察とつながってたと言ってる。けどNidgeは信じてない。その後にはスペインでギャングの大物のTerrenceってやつと取引の交渉してる。彼は甥のPaulieを使わせるって答えてる。

その頃Lizzieが出所してるけど、Wayne殺した仲間に撃たれてて、その子はNidgeに金受け取ってるから、Nidgeが自宅襲撃されたこと根に持ってて復讐したっぽい。Wayne始末したのも、口封じだけじゃなくてそれもあって恨んでたのかもね。

 
爆弾売ったPatrickが仲間に相談してる。監視してる警察と同じように、彼らはNidgeの車に発信機仕掛けて、NidgeとPaulieがつけたボディガードを襲撃し返してるけど、ケガしながらもNidgeは逃げ延びてる。

Tommyは入院したままで、仲間に呼ばれたパーティにSiobhánだけ来て、彼女はPaulieに気に入られてる。彼女は酒癖悪い設定で(それでシリーズ3でも襲われてた)酔ってふらふらしてるところで、Moynihan刑事たちが保護してメンバーの情報聞き出してる。スペインからきたPaulieのことも口にしてたり。

Paulieは争いを止めるようにPatrickと引き合わせるけども、PatrickはNidgeの謝罪と金を拒否してる。そして病院で寝たきりの夫をよそにSiobhánとPaulieはヤってる仲に。

FranもNidgeとPatrickが何事かで揉めてるって聞きつけたらしく、俺が話付けてやるって言い出して、Nidgeは慌てて断ってる。あいつは争い好まない男だとかPatrickのことを庇ってたり、仲裁したこと口外しないって言ってるが、元々Franの妻Lindaを吹っ飛ばしたことから発覚してるから当人にばれたらヤバイ。

Paulieは交渉決裂なら倒すしかないってバイク用意してる。その頃Patrickは住んでる集落(トラベラーなので共同でキャンプ生活してる)にフェンス張ったり、うろつくバイクに気付いたり、女子供を避難させたり、襲撃に備えてる。ついにPaulieが来た時も、撃たれたふりして返り討ちにしようとするけどまた逃がしてる。警戒してる割に逃げられるの2度目…。

でもPaulieは殺したと思ってSiobhánに会いに行ってるし。ニュースでPatrickが死んでないの知ってキレたNidgeに、俺はお前の部下じゃなくて監視だって言い返してる。

 
Franは善意からとうとうPatrickに突撃してて、PatrickはNidgeに2度殺されかけたって言ってる。なんでって聞かれて、とうとうJohn Boyとの抗争の時に自分がパイプ爆弾作ったこと、NidgeがFranの嫁を吹っ飛ばしたこと打ち明けてる。Franはようやく事情知ってあいつを殺すってキレてる。

Patrickはあくまで仕事で作ってて、職人気質な真面目な人なので(?)、それをどう使うかは関与しないってNidgeにもずっと言ってて、だから金も受け取らなかったし、Franにもその件は今まで内緒にしてた。今回その件でこじれたことに気付いたけど、襲われた以上は自分が報復するって冷静に言ってる。

一方のFranもPatrickが仕事で爆弾作っただけなのは知ってるから、お前のことは責めてないって言いつつ、怪我を気に病んで自殺した嫁のこと思い出してNidgeにキレてる。銃用意できるかって仕事として用意させてる。

ギャングたちを監視してる刑事の一人は、真相知ったFranが車で泣いてたり銃を受け取ってるのを見て、誰かを撃ちに行く気だって感情移入しまくって途中で妨害して捕まえてる。

そして刑務所へNidgeはノコノコ会いに行って、Franに頭突きされて伸びてる。それでバレたこと悟る。刑務所にいるギャング仲間の弟にFranを始末するように命令してる。

 
Siobhanは夫Tommyを見てる病院にまでPaulieからの電話が来る関係になってる。自分でボコったくせに、本人が記憶失っててバレてないのをいいことにTommyが可哀想とか同情したふりのNidge。Siobhánは酔いつつ写真撮るふりして情報をMoynihan刑事に流してもいる。けど途中でクスリもらってラリってたり。Paulie連れて朝帰りしてたりと乱れてる。

Paulieが麻薬の取引を彼女の前でしてるのをじっと見てて、Moynihan刑事に報告してたり。どちらについてるのか分からない感じになりつつも刑事にはPaulieのことは愛してないって。

 
麻薬の取引してる一方で、刑務所内ではNidgeに指示された弟たちがFranを襲ってるけど返り討ちにあってる。Franの仲間Deanが情報を流したせいかと疑われ、さらわれトランクに詰めて運ばれてる。弟が目をやられたの知って逆恨みでボコられてたり。命助ける代わりにNidgeの下で働けって脅してたり。

相変わらず病院で昏睡状態のTommyに、Siobhánは話しかけてる。けどその後にPaulieと浮気してる彼女をNidgeたちは見てたり。彼女の態度はどっちつかずだけど、Paulieは夫不在の彼女の家に居座ってる。子供はとうとう「新しい父親なの?」って言い出したそうな。

その一方でSiobhánは相変わらずMoynihan刑事に情報チクってる。Deanにクスリ飲ませてFranたちがGitを埋めた話を聞き出して、Franが悪趣味にも死人の骨をコレクションしてるのを聞き出す。

取引場所が警察にばれて逃げたPaulieは、漏らしてた相手がSiobhánと知らず、普通に彼女のとこへ向かってるし。プロポーズしてるし。と思ったらSiobhánがうっかり情報言っちゃって、彼女がスパイだったことがばれて、我に返ったPaulieを突き飛ばして殺しちゃってる。

 
刑務所内でFranを倒そうとした計画が失敗したから、Nidgeは次はやはり服役中のFranの対立相手と面会してる。Franとケンカになって歯を折ってたヤツ。その報復でFranがそいつの母親の墓を掘り起こしたことをチクってる。男は怒るけど、素直に攻撃するんじゃなくて、Fran本人にNidgeが嫁Lindaと浮気してたことを吹き込んでる。

Nidgeの仲間が男を雇ってPatrickを監視させてる。彼はPatrickが息子と一緒のところを襲撃してて、Patrickの息子が撃たれて重体に。撃った男はその場で捕まってPatrickに始末されてる。その報告を受けたNidgeは子供まで狙ったことにキレて、自分の家族もやばいって報復恐れて妻子を逃がしてる。

 
SiobhánはMoynihan刑事にPaulieが落ちたのは事故とか泣きながら訴えてる。Paulieが死んでスペインから大ボスTerrenceがやってくる。彼も葬式でSiobhánに会って話を聞きたいって。

Siobhánは葬式でTerrenceに、PaulieにプロポーズされてOKしてお祝いでクスリやったらラリって彼が飛び降りたって泣きながら大ウソついてる。Terrenceは迫真の演技を信じ込んでるし。その後にSiobhánは親友に運転させて、Franが持ってるGitの骨を探すため彼の所有する荒れ地へ行ってる。

 
服役中のFranは自作自演でケガしたふりして刑務所から監視がゆるい病院送りになったところで、監視をボコって逃亡してる。妻を吹っ飛ばしただけじゃなく浮気もしてたNidgeに復讐するため。裏切ったDeanもボコって殺してトランクに詰めてるし。Gitの骨を探しにきて隠れてそれ見てるSiobhánは脅えてる。けどFranが去った後に骨を奪って逃げてる。

その後にFranは銃買って売春宿でNidgeを待つ。けどNidgeの仲間に通報されてまた逮捕。またまた戻った刑務所で対立相手とその手下に襲われてる。

 
SiobhánはMoynihan刑事にNidgeの嫁Trishが「Nidgeが人の骨を持ってた」って言ってたとか、「彼が誰か殺したっぽい」って言ってたとか嘘ついてる。そして自分がGitに襲われた時はTommyが最初に殴ってNidgeがトドメ刺したとも言ってる。彼女はNidgeを刑務所入れたいっぽい。調書にサインしてNidgeの家で証拠(骨)を探すとか言ってる。

その頃Nidgeはスペインへ呼ばれてる。Terrenceは素行の悪い息子をたびたび警察に補導されて連絡先を知ってただけの売春宿の女を内通者だって勘違いで疑って、Nidgeの否定も信じずにさらって惨殺してる。NidgeはTrishにスペインギャングのTerrenceたちは危険だって言って、自分は殺してないって訴えてる。

SiobhánはTrishに取り入って家へ上がり込んでトイレ借りるふりでGitの骨を隠してる。Trishは夫Nidgeを信用できなくなったって言ってて、Siobhánはその意見に同意して後押ししてる。一方で「トイレで人骨見つけた」ってこっそりMoynihan刑事に電話してる。

要件済ませて去ろうとした時に戻ってきたNidge。怪訝な顔の彼にSiobhánは夫を殴って寝たきりにしたのはあんただってキレてる。日頃の行いでバレてたらしい。そしてGitの殺人の件を警察に言ったって暴露してる。調書に署名したからあんたは捕まるだろうって。そして二人が言い合いしてるとPatrickが撃ってくる。

Siobhánも流れ弾に当たって鼻から血出して死んでるし。Nidgeは逃げたけど、妻子が窓から見てるとこで心臓撃たれて終わり。とうとう死んだ、はず。

   

 
――ということで。長々書きましたが、これが100万人のアイルランドの皆さんを夢中にさせたドラマでした。ドラマではもっと人間関係複雑で、Love/Hateって感じになってます。

最初はDarrenを中心にしたメンバーそれぞれの人間模様的かと思いきや、Nidgeが覇権を握ってからは実質彼が主人公です。しかし彼は保身に走ってその場しのぎで嘘つくし平気で裏切るし、信用できないし味方にしたら危ないし、真っ先にやられそうなヤツなのに人望あるのはなんでなんだと。

一応、生きてる頃のJohn Boyが「Nidge Weasels」って何度も呼んで(Weaselsはイタチで転じて、ずる賢くコソコソする卑怯者とか密告者とか)嫌な顔してたり、後にはDarrenにも呼ばれたりで、裏切り者と気づかれてるシーンはあったけども。

 
修羅場に強いのは百歩譲っても、仲間を散々裏切りまくってるこいつを周りが慕って協力してるのが分からない!と。まあそんな疑問を持ったのは私だけではなかったようで、最後の頃は姪のSiobhánが彼を裏切り、今まで他人に罪を押し付けて逃げ延びてきたのと同じことをし返そうとしてたり、その場しのぎが破綻してPatrickに撃たれてスッキリ解決と。

シリーズ1のクリスマスでDarrenがおもちゃの王冠被らせて「King Nidge」って言ってたり、最後に妻が「King Nidge」って書いたスニーカー贈ったりと彼の野望と栄枯盛衰みたいなのも暗示されてました。

 
主人公がいつやられるか楽しみにしながら見てたドラマは、これと『Peaky Blinders(ピーキー・ブラインダーズ)』だけだよ。あっちは多分死なないまま終わると思いますが。←こらこらこらこらとここでこっそり問題発言。Nidge役のTom Vaughan-LawlorはSeries1の5話目にゲストで嘘の取引持ち掛けるIRA役やってて、Cillian Murphy演じる主人公にボコボコにされてお亡くなりになってました。2敗。って何の話だ。

やっぱり『Peaky Blinders』にも出てるCharlie Murphyがこちらで演じてたSiobhánも、シリーズ1でMaryと仲良かったTommyを強引に誘惑して結婚してたり、酒癖悪くて絡みまくってたりヒステリックに騒いでたり、口が軽くて親友にも秘密漏らしちゃったりウザキャラ全開だったけど、警察のスパイになってからはウザさはそのままNidgeを追い詰めてくれたからよかった。まあ彼女も亡くなり、昏睡状態の夫も含めてメインキャラほぼ終了な感じでしたが。

 
私は2話のホームレスLukeが可哀想だったのと、後半はPatrickの寡黙でありつつ有言実行なところに惹かれました。

最初はただの対立相手だったFranも見返したら奥さんのことはそれなりに心配してたり、亡くなった時も生きてた頃みたいなきれいな姿で送ってやりたいみたいに言ってたり、真相知ったら復讐に燃えてたのとかに感情移入したり。でも誕生日に豊胸プレゼントは理解できませんでしたけど。

Nidgeも一応、連れ子を実の子と同じようにかわいがって同じ髪型にしてたりゲームしてたりと家族に対してはいい面もあったよ。※次男の子役はTom Vaughan-Lawlorの子供だそうな。

最初のYoutubeで銃の使い方を調べてるシーンからインターネットで調べ物が好きな設定があって、Lindaと浮気した後に性病にかかってコソコソと症状調べて偽名で病院行ってたり、薄毛気にして植毛サイト見てたりとか、John Boyの一周忌に娘が彼の生前の写真をハートとかでデコレーションした動画送ってきたの見て「おえー気持ち悪い」って嫁と言ってたり、シリーズごとにコミカルなネタもあったんだけど、日頃の行いが悪すぎてまったく共感できなかったなー。

さて、後編は真面目にアイルランド英語のお勉強です(?!)