Friday Night Dinner: Series6 [2020 Channel4] ネタバレ感想

 
2020年は世界的にいろいろあったので、今年2021年は明るいニュースがあるといいですね。年の最初は笑えるドラマでも見ましょうということでイギリスのコメディ『Friday Night Dinner』です。Series5までは過去に書いてますが、今回はSeries6です。2020年の春にイギリスで放映されたやつをずっと待ち侘びててDVD出るなり買って見ました。感想書くのは今になったけど、書くのが追い付かないのだ。

放映前くらいに、役者さんが「さよならを言う準備はできてる」的な話をしたようなので、おそらくこれが最後と思われます。スポット的なのはあるかもだけど。母方のおばあちゃん役のFrances Cukaが2月16日、父方のおばあちゃん役のRosalind Knightが12月19日に、それぞれ亡くなっちゃったし。

Friday Night Dinner set to end after new season
https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/news/friday-night-dinner-season-6-ending-release-date-new-episodes-channel-4-a9400311.html

Ahead of the series premiere cast member Simon Bird, who plays one of the show’s stars Adam, revealed: “This is probably the end of the show ? we’re ready to say goodbye”.

直訳:アダムを演じるメインキャストの一人、サイモン・バードが放映に先立って「これでショーはおそらく終わりです。さようならを言う準備ができています」と明かしました。

そのせいか、ちょっと辛口なことを言うと、今シリーズは失速してしまったというか、蛇足的な感じだった。話を畳んでる感がありありというか。Series5までは去年一番面白いドラマだったのに!そこで終わってた方がきれいだったかもみたいな。

なのでSeries6だけ何かのきっかけで見て「面白くない」と思ってしまった人は、他も見て!…って、前回も書いたけど、そもそも見る人を選ぶドラマでもあるけども。このノリがダメな人はどの回見てもダメだろうし。笑。

ただこの辺は個人の主観もあるから今回が一番面白かった人もいるかもしれないし、こういう最後のがよかったって人もいるかもしれない。私の気分が2019年と2020年で違ってただけかもしれないし。去年はいろいろあったからね。

Friday Night Dinner [2011-2020 Channel4] 超おすすめ・ドラマの概要&感想とクランブルレシピ紹介?!

あくまで私の意見だけど、ざっくり言って何があかんかったかというと、ルーティンを変えたこと。前回、サザエさん的と書いたけど、最後まで同じことのくり返しのまま終わってれば世界が続く予感を残せたけど、今回はマンネリを打開しようとしたのか、中途半端にそれを崩してしまったと。

Martinの決め台詞「lovely bit of squirrel」や、Jackieに会うたび言ってるJimの「Hello Jackie, you look nice.」がないとか。人間関係をいろいろ変えた(というか片づけた)こととか。

というわけで批判から入っちゃったけど、それもこのドラマが好きだからこそ。人物紹介やドラマのざっとした概要、ノリみたいなものは前回書いたので、今回はSeries6のネタバレあらすじとか。流れ上、前回までのもネタバレしてますので注意。

Series6ネタバレ

E01/The Caravan
父Martinがボロボロのキャラバン(キャンピングカー)を買って、そこでディナーを食べたがるけど、潔癖症の母Jackieは絶対入りたくなくて、別々に食事しながら無線でやり取りしてるほど。AdamとJonnyの息子二人も父の希望のそこでのディナーを拒絶して、母子三人ダイニングで夕飯を食べ出すけども、もう一週間ずっとこうやって別れて夕飯食べてるってJackieは鬱になってる。

それ見て息子たちは、互いにガールフレンドができたニュースを発表する。二人の彼女たちはどちらも同じLucyって名前で、Jackieは『Lucy 1』『Lucy 2』とかつけてたり。

隣人Jimが下水工事で失敗されて家が汚物だらけって汚れた姿で現れて、家に入れないからMartinのキャンピングカーへ行って、しばらくしてトイレのタンクがいっぱいだってふらふらしながら持ってきて、お約束通り、排泄物をダイニングにぶちまける。おえー。

それで絶対入りたくなかったキャンピングカーに入ることになったJackieと、見せようとしてた飾りを見せてイチャイチャしてるMartinとか。バランス壊れて傾いたところでキャンピングカーが家の壁にぶつかって中はボロボロ。出てきたところで、仕掛けが燃えてて、うわーって終わり。

Channel4『Friday Night Dinner S06E01』
Friday Night Dinner - Milson

前Series最後にJimの飼い犬Wilsonが亡くなったエピソードがあって、悲しんでたからさすがにみんなしんみりして埋葬も付き合ったのに、彼はいきなり「明日は新しい犬買ってくる」って切り替え早くてみんなびっくりってオチがあったけど、今回は新しい犬を連れて登場してます。

Wilsonとは全然違う名前にしたって言ってるから、「何て名前?」と尋ねると「Milson」って。一文字違いじゃねーか。というボケ。前回までと同じようにJimは自分の犬に脅えてる。


E02/The Plastic Bag
AdamとJonnyが帰宅するとMartinが木の上に引っかかったゴミ袋を気にしてる。取りたくて仕方がないけど届かないらしい。それを横目に音楽家のAdamはタウン誌にインタビューが載ったってJackieに見せるけど、褒めてくれるどころか「そう」ってテンション低い。

なんでかというと、MartinとJonnyのことには触れてるのに、母のことには触れてなかったから。代わりに6歳の時にValと演劇見たこと書いてるけど、それもそれより先の5歳時にJackieと見に行ってるんだって。問い詰められて、覚えてないって逆切れしてるAdam。Jackieは「わかってるわ、あなたはほんとはママのこと愛してるのよね」って言うけど、Adamはすっかり拗ねて反発してる。

鬱になってるJackieをValがなだめにきて、Adamには「I love you.」って言いなさいって言うけど断固拒否してる。JonnyやMartinに「I love you.」言わせて、あんたは?って聞くけど、Adamは完全に頑固になって絶対言わないって。逆に恋人に電話して目の前で「I love you.」って言ったり煽ってる。Jackieが何とか言わせようと誘導しても引っかからない。

Jackie「たった三語だけなのになー」
Adam「言ったじゃん、言わないって」
Jackie「何て?」
Adam「I love…あっ」みたいなやり取りが笑えます。

その頃Martinは食事どころじゃなくビニール袋が気になって抜け出して、ゴミ箱にのぼって取ろうとして、コケて生ゴミまみれで背中打ってたり、しまいには高所作業車と業者呼んで金払って取ってもらってる。そこまでして取ってどうするのかって言うと、「目障りだから」ゴミ箱へ捨ててすっきりしてる。

それ見たJonnyが企んでまた元に戻させて、しめしめって笑いながら家へ戻っていく。それを見送るAdamとJackieの二人も顔見合わせて何か企んでる。ゴミ袋の代わりに、Jonnyのコートを木に引っ掛けてた。呼ばれて戻ってきて「なんだよ」って慌ててるJonnyと去ってく業者。それを見ている母子。ナイスなチームワークで次男への悪戯が成功したと。そしてAdamがJackieに「I love you.」って言って終わり。


E03/The Au Pair
タイトルの『Au pair(オペア)』は、異国でホームスティさせてもらってベビーシッターしながら留学する人のことだって。今回は息子たちが小さい頃にオペアしてたスイスのGibbyがやってくる。けど赤ちゃんとかだったし覚えてないと気づくと、彼女はショック受けてトイレにこもってたり。

留学してたので英語も「Gibbyは○○です」みたいに自分のこと名前で呼んでたり、同じ台詞くりかえしてたり、「私はとても興奮しています。あなたもとても興奮していますか?」みたいな教科書みたいな喋り方だったりもしてるし、性格もちょっとずれたタイプ。けど訪ねてきたJimは一目惚れしてて、彼女に絆創膏張ってもらって照れてたり。GibbyもJimに惚れてたり。

Gibbyはクリームティが大好きで来てから毎日食べてたそうでJackieは飽きてる。誤魔化してディナーにするけど、味なくてまずいとか場を凍り付かせたり泣き出したりするので、一家は仕方なく彼女連れてホテルへクリームティーを食べに行く。でも思ってたより不味いって泣いて彼女はまたトイレにこもってる。そこへGibbyが気になってストーカーしてきたJimが来て、謎の歌と踊りで機嫌を直させてたり。

Gibbyに付き合い切れない夫婦は息子に二人を押し付けてホテルへ行くって逃げちゃってるけど、JimとGibbyはいいムード。彼女が積極的に迫ってる。と思いきや、上着脱いだ彼女のカーディガンの狼にビビってJimが逃げてっちゃって終わり。

 
シュールというかナンセンスギャグな回。それと今回はタイトルもそうだけど、固有名詞がいろいろと分からなかったりして。

クリームティー(Cream tea)はクリームたっぷりの紅茶かと思いきや、スコーン(クリームとジャムたっぷり)と紅茶のセットのことらしい。アフタヌーンティーの一種だそうな。原理はそう変わらないのに、コーヒーにドーナツだとめちゃジャンクな感じ。その一方で、イギリスのクリームティーとか言うとおハイソ感漂う響きなのは、イメージ戦略の勝利なんでしょうか。日本でもホテルの喫茶とかにあったりするらしい。私以外はみんな知ってた?

私の想像したやつはクリーミーティー(Creamy tea)らしく、Jimがそれ頼んでてカップからあふれるほどにクリーム乗せて口の周りアワアワにしてた。

それと絆創膏をアメリカだと「Band Aids」って固有名詞そのもので言ってたけど(日本でも通じる)、イギリスは「plaster」って呼ぶのね。ドラマではJimが怪我した指出して言ったり、巻いてもらってるシーンが出るから分かったけど、いきなり「plaster」って言われたら絶対分からないよ。


E04/Dad’s Birthday
Martinの誕生日。息子たちが帰ってきてお祝い言うけど本人は嬉しくなさそう。何故かというとネットで寿命を調べてしまって、人類が火星へ行けるらしい2050年まで生きられないから。年月日まで言ってる。ついでにJackieやAdam、Jonnyたちの死ぬ日も言おうとして、みんなに止めてーって言われてたり。けどJonnyの方が運動してないから先に死ぬとか言っちゃって、Jonnyは慌ててマラソン始めようとしてたり。

そこへ何度も断ったのに一人息子の誕生日だからって嫌われてる父方の祖母「Horrible Grandma」が来る。彼女はわざとムカつくこと言って怒らせたり、うっかり手が滑ったって嘘ついて家具とか破壊するからJackieには嫌われてる。

ケンカになるけど案の定、みんなを不快にするために来てるし帰る気ないとか言ってる。JackieがMartinに追い出せって言っても、母には頭が上がらない。おまけに計算によると100歳まで生きるって。

JackieたちはMartinと二人きりでディナーさせたり、Jimの失敗しまくりの手品見せたり対抗してる。Jimの手品は汚いハンカチタオルを振ってトランプのカードを当てる手品だけど、毎回全然外れてる。それで嫌そうな祖母に、Jimはタオルを掛けて彼女を消して見せるって謎の呪文を唱えて、タオルをどけたら、祖母がなんと死んでた。そのままお医者さんがご愁傷さまですって。始めは悲しんでるように見えたMartinも笑い出してそのまま終わり。

計算で出した寿命なんてあてにならないってことなんだろうけど、祖母いきなり死んでるし。突然すぎる展開にビックリ。

※最初にも書いたように放映後の12月に祖母役の役者さんは現実にも亡くなったそうです。


E05/The Cage
息子たちが帰ると、JackieはMartinの付き添いで婦人科の病気で病院へ行ってて代わりにValが料理してる。けど片手間にスマホの出会い系アプリしてて男探し。前Seriesまで仲悪かった夫Larryとは正式に別れてるらしい。上半身裸のお兄ちゃんのプロフィール見てはいろいろ言っててAdamとJonnyはウゲーって顔してる。

MartinとJackie夫婦が戻ってきても、Valはスマホ片手に料理してて、LoverBoy309ことColinとマッチしたらしい。Colinが今から来るから急いで食事しろとか、やっぱりキャンセルになったとか、デートの都合で一家を振り回してる。デザートを期待してるみんなは、クランブルじゃなくて彼女の得意のライスプディングだってガッカリしてる。不味いらしい。

Milsonの機嫌が悪いからって大きな檻を買った隣人Jimは、犬に気付かれないようにここで組み立てさせてってリビングで組み立ててる。Valが席を外した間に、一家は彼に食べさせることを思いつく。

Jimも昔母親が作ってくれたライスプディングがとんでもなく不味かったって嫌いらしいけど、一家はこれはユダヤ式の特別なもので、ユダヤ人じゃない人が食べる機会を得るのはとても名誉なことだとか嘘ついておだてて、急かして無理に詰め込ませてて、Jimは食べた後に窓から吐いてたり。戻ってきたValにあなたも食べるって聞かれて逃げてたり。

その後にColinがやっぱり来るからってJackieの今着てる服を貸せって奪ったり、パニックになってるVal。息子たちは一連の合間にMartinのダクトテープで互いの電話を隠す悪戯し合ってたけど、電話ずっと握ってうるさいValにうんざりして、彼女の電話を檻の中に貼りつけてる。

Colinが来ちゃうって慌てて檻に入って電話を取ろうとしたとこでJackieが鍵を掛けたら、外れなくなって鍵も壊れちゃって、Valは閉じ込められる。ベタなオチだけど、そこへColinがやってきて、檻の中から挨拶してる。そしてJimがMilson連れて戻ってきて驚いて終わり。

 
今回はライスプディング(Rice pudding)。甘いものとお米と牛乳という日本人が好きな食材なのに、混ぜるとほとんどの日本人が不味いと感じるという点で有名な(?)デザート。海外では好かれてると聞くけど、今回のドラマではValのもJimのママのも不味いって設定になってるし、好き嫌い別れる味なのかもしれない。

私もアメリカ式のは食べたことあるけど、ご飯とミルクと砂糖だけじゃなくてスパイスとかなんか寒天みたいな謎のとろみがあったりで「おえー」ってなりました…。イギリスのは美味しいのかもしれないけど、あえて試したいほどでもないな…。


E06/The Females
E01で名前とスマホの画面の写真とかだけ登場してたAdamとJonnyの彼女Lucyたち(二人とも同じ名前)がやってくる。ご馳走作ってJackieは張り切ってるけどMartinはうっかりチキンスープの上でグラス割っちゃって、ガラスの破片が入っちゃう。Jackieには内緒で息子たちにこっそりそれを打ち明けて飲まないように伝えてる。

そのせいでディナーが始まってもみんなスープは飲まないし、Jackieが飲もうとするのも妨害するしで微妙な雰囲気。しまいにはMartinが自分でアツアツスープを被ってみたり身体張って止めてる。

そして全員がスープを残したからJackieは彼女たちは私の料理が気に入らないんだってショック受けてる。それをなだめてディナーのチキンを食べ始めるけども、そこにもガラスが入ってるのをMartinが発見して、息子たちに合図してる。Jackieが食べようとするのを止めて、とうとうグラスの話を打ち明ける。

ずっとこの日が来るのを楽しみにしてたのに台無しになったってJackieはすっかり拗ねて寝室にこもっちゃうけども、Lucyたちがジントニック持ってなだめに来たりで、機嫌を直してデザートを食べようってことになる。そこでMartinがスピーチしようと立ち上がってグラス持って叩いたとこで、割れて今度はクランブルも台無しになるという…。

JackieはMartinが料理全部駄目にしたって出てけって怒ったところで、長男Adamの恋人の方のLucyが「妊娠した」と口にする。Jackieは機嫌直して喜んで抱きつくと、次男Jonnyの恋人Lucyも「私も」と。Jonny自体も聞かされてなかったみたいで驚いてたり。でもすぐに喜んで、Jackieは二人のおばあちゃんだって大喜びしてる。

息子たちは二人でこそっと「父親になるんだから、もう大人にならなきゃ」と今まで悪戯三昧だった自分たちを反省してる。そこへJimが段ボール抱えてきて、Milsonが産んだって赤ちゃんたちを見せてる。最初に出てきて病気とか言ってたけどそのせいだったらしい。みんな喜んで、リビングで踊ってお祝いしてるところで、Martinがプレイヤー壊して口癖「shit on it.」言って終わり。

Friday Night Dinner [2011-2020 Channel4] 超おすすめ・ドラマの概要&感想とクランブルレシピ紹介?!

……ということで、最後は息子たちがデキ婚かという終わりでした。ずっと年取らない永遠の物語的なまま終わるのを期待していたので、このオチも無理矢理しめたように見えたけどIMDbとか見ると最終話は評価高いので、ちゃんと完結してよかった的に思う人の方が多いのかも。

普通のストーリーだと完結したほうが嬉しいけど、こういうのはあえての完結を求めてなかった私が少数派なんでしょう。好みの違いよね。けどおばあちゃん殺しちゃったり、無理にそこまでしなくてもってモヤモヤは残るなあ。まあ上でも書いたように実際にも役者さんは亡くなっちゃったけども。

最初に書いたように次Seriesはなさそうですが、AdamとJonnyたちの子供たちが生まれてからの話とかは作れそう。またその子供たちが成長して、AdamとJonny同様に悪戯し合う関係とか。そういうのを考えるとずっと続く物語は終わってないともいえるかも。

最後の締め方はともかく、Series自体は面白いのでどうにか日本で公開されますように。もしくは英語の勉強でみんなみてね!変な単語しか覚えないけど…。